行動指針

 

行動指針 10

 

1.      チャレンジ、何事にも初めてはある。やった事がないと恐れるのではなく、積極的に新しい事に挑戦する。失敗から学び、同じ過ちを犯さない。難しい事を克服した経験は自信となり、財産になる。

2.      スタディ、常に自己鍛錬し、学ぶ姿勢を貫く。社会人になると、課題は自ら設定し、克服していかないといけない。宿題は0の人もいれば、いくつもの課題に取り組んでいる人もいる。だが、年月が過ぎれば、とても大きな差となる。できない事を当たり前にしない。知らない事を当たり前にしない。

3.      エンジョイ、人生に楽しみながら行動ができる者は、楽しみが楽しみを呼び、より楽しい時間を過ごす事ができる。そして、喜びを享受したとき、感謝と自分の器量を理解できるようになる。自分を知り、周りを見れるようになることで、人生に奥行きを持てるようになる。

4.      感謝、お客様、会社の仲間、家族、友達、今生きている事、感謝を知る事で謙虚さが身に付き、苦しい事にも前向きに取り組めるようになる。そして、人を支え、支えもらっている事を知る。自制をできる人間になれる。

5.      プラン、計画をもつ、人生は長い。計画のある生き方をすると時間の大切さ、自分のあるべき姿をイメージできるようになる。計画は緻密な方が良いが、先ずは大きな目標を持ち、その為に必要な事をブレイクダウンし、ひとつ一つを達成していく事を実現する。計画倒れという悪い癖はつけないようにする。

6.      助け合いの精神、人間は一人では生きていけない。助け合いの精神がお互いの信頼につながっていく、信頼と協力があれば、1の力が何倍の力にもなる。

7.      ビジョン、夢を持つ。自分の持つべきビジョンを持つ。

8.      社畜にならない。会社に只従うのではなく、スポーツジムに通っているくらいの感覚で自分を研ぐ、トレーニングの場くらいの感覚で、仕事に打ち込む。研いだ感覚はその人の価値観を高め、何処からも必要とされる人間をめざす。

9.